PyConJPにいってきた

Filed in Python Leave a comment

「つながるPython」がメインテーマ。
#なにとつながったのかはよく分からなかった。

収穫は本当にたくさんあって、

  • 8月中に申し込んでたのでTシャツもらえた
  • さらに余ってたのでもう一枚買った
  • PyConJP2012のロゴが入ったシールもらえた
  • Python3に移行しないと遅れちゃうかなあという不安はしばらく忘れてよい

みたいな。
あたし的な目玉はPyramidです。Pyramidのセッションがあるから見に行ったという方が正しいか。ずーっと長いことPylonsをこねくり回してアレコレやろうと画策してきたあたしのためのセッション群と言えました。
また、個人的には(違和感があって)使わないDjangoのセッションもたくさん。スケジュールの都合上見られなかったセッションも色々。
いくつか見ましたがとくに

この方々のセッションはとくに興味深く、楽しく効くことが出来ました。まさに珠玉。
everesさんはWebフレームワークパネルというプログラムでDjango代表として喋っておられました。なんかもう切り返しとかいちいち見事で、話が上手な方だなーと感心することしきり。
Ianさん、hirokikyさんはDjango、aodagさんはPyramidの話をそれぞれ。
Pylonsとか追っかけてたらaodagさんの書き物には必ずお世話になるので、あたしにとっては神様です。
いやー見に行ってよかった。改めてちゃんとPyramidやってみよう・Pylonsからの移行を考えてみようと思える内容でした。
あたしはテストをないがしろにするクズだったので、清水川さんのセッションは大変に勉強になりました。テストちゃんと書こう。Ianさんの言ってたpdb?も使おう。

前にも感じた自分への宿題

「私はこれこれを{作っている/メンテしている/書いている}人です」
と言える材料がないと、ほんとなんだかただ見て帰る感じになっちゃうなーということでした。

ミス

初日にノートPCもってったんですけどね。
このノートかなり放置してたので前日にUbuntuのアップデートをガーっとやったんです。
切ってたUnityが復活。キーボードレイアウトの選択ミスって日本語打てない。もうやだ。
重かったせいもあって、二日目は持ち歩かないことにしました。ないわほんと。

もう一個。ミスっていうミスじゃないんだけど集合写真で最前列真ん中にするするっとたどり着いちゃって、そのまま撮影されちゃった……。お前誰だ感というか場違い感というか、ひどい。
ポジショニングには気をつけたいですね。

,

PyCon mini JP

Filed in Conference | Python Leave a comment

ひさびさのこうしん。仕事ともんはんで忙しいんだよ。
PyCon mini JP#pyconjp)ってイベントがあったとですよ。今日。
たまたまお手伝いに参加する機会に恵まれたのでいってきました。
お手伝いっていってもエレベータホールで「こちらでーす」っていうのとエレベータで上がったり下がったりする刺身タンポポ的な任務でしたけれども。
#なめてましたが案外しんどいです

個人的に是非見たいと思っていたのが、

  • Sphinx 1.1 のi18n機能紹介(IanLewisさん)
  • テンプレートエンジンの高速化と失敗談について(桑田誠さん)
  • 最速WSGIサーバー研究会(松原豊さん)

の三つ。Sphinxはエレベータのお守りしててほとんどダメだったけど、桑田さんと松原さんのはなんとか聞けました。松原さんのは絶対見たかったからよかったー。
前に使ったらしきプレゼン資料を見てあったので、なるほどそういう意図なのかーとか、予習ってだいじだよねっていうはなし。うん。
今回使ってたのはこっち。

忘れないうちに今日分かったこと。

  • 文字列処理はperlだよというのは世迷言でなくほんとだった
  • None→何かとかtime→何かまあだいたい文字列とか、”変換する”っつうのは小さいようでもちゃんとコストあんだよ
  • 決まりきった何かを吐くって分かってるとこまで毎回処理させっから遅いんだよ
  • あたしはこういうの開発してるんですよっていうネタがあったほうが絶対よい
  • Tenjinやばい。速い。
  • Pythonでは発表資料の冒頭に「おまえ誰よ?」というページを用意するべき

あれ当たり前なことばっかり書いておる。
なんというか、そんなのわかってますよやだなーハハハとか思うようなことでも、もっと突き詰めて考えたり、ベンチ通すときっちり数字になって出てくる、こんなに違うんだよっていうのを見せてもらったのはとても刺激になりました。
なんとなくわかった気でいただけ、っていうことがとても多かった。
一部だけしか聴けなかったけど、Ianさんのトークはとても魅力的だった。
北神さんの異常なハイテンションの発表も面白かった。Pongのデモやってた。「この設定のコンピュータは最強で~」とか、ボールのY軸常に追尾とかきたないだろそれ。ハードまで触れると、やれることがこう広げられるんだよという例は刺激的だった。
追記:写真とってたんだった。
北神さんのデモ機
NVDAの発表はえらい盛り上がってたみたいだけど聴けなかった。無念。
LTで出てた、画面遷移図を作るライブラリの話が極めて興味深かった。あれどっかに資料ないかなあ。(ついき:あった。これだ。blockdiag それとプレゼン資料もあった。)
カンファレンスとか参加したのも初めてで、初参加がお手伝いって空気感も分からないまま現場にいちゃったわけですが、実際いってみるととても楽しいものでした。

参加してる方に便乗していっしょにたばこ行ったんだけど、その後ご一緒した方が登壇した上、あたし的メインイベントのmopemopeさんだったというのが超びっくりでした。
次回もまた行く。
帰る頃にはヨタヨタするくらい消耗したけど、楽しかった!

しかしなんだ、PylonsとかGenshiとかまったく聞こえてくることすらなかったな。うわん。

,

TOP