TracとMercurialを入れました

Filed in Apache | Pylons | Python | web.py | Xrea Leave a comment

あたしはパニるといじらなくていいソースいじったりとかやらかすので、バージョン管理必須。Todoも忘れるのでTrac必須。

Tracはプラグインの用意とかあるからあとでまとめて設定しよう。
WSGIでいろいろ動かせることがわかると、自分のやれる範囲がぐっと広がってうれしいな。

TracまだないのでここにTodo:
今回の一連の手順を完全にまとめる。

内容:
value-domainでドメインとっている人が、自宅サーバでDiCE使ってDDNSひっぱたいて自宅のサーバを見られるようにする。
最低限動くであろうVirtualHostの設定の仕方を書く。
次いでWSGIでスクリプトを起動するまでの方法を書く。上とかぶるけど、単にphp動きゃいいんだよとかのケースにはWSGI使う必要がないので別で。
web.py使ってWebページ立ち上げる方法。
Pylons使って同上。

いまんとこ書ける内容はこんなもんか。あちこちのブログ記事の集積にしかなんないけども。

現状

Filed in Apache | Python | web.py Leave a comment

おねーさんです。

WSGI経由でweb.py起動してます。
いくつかのページ表示はすでにおk。
つうことで開発再開。長かった……。

いっこひじょうに気味悪い事象があったのでメモ。
Pythonスクリプトに手を入れて保存、なぜか反映されない。たとえば定義漏れの変数とかがエラーログに出るわけだけど、さっき消したはずの変数に関するログが延々とでたりする。なにこれこわい。ホラー。
けっきょくapacheをrestartすることで解消したんだけど、こんなことはCGI起動の頃には一度もなかった。WSGIかなんかがキャッシュしてるのかなあ。
ちなみにテンプレートはいじるとすぐ反映された。pythonのファイルだけかこれ?

ソース整理進む

Filed in Genshi | NDI | Python | web.py | XML Leave a comment

GETとPOSTをかかえる各アクションを外に切り出す。
urlsではaction.index.indexみたいなかんじで動作を決めていく。

genshiのTemplateLoaderでごにょごにょしている出力周りの箇所は、
・一律utf8でよい
・一律 xhtmlでよい
という理由で切り出し。 これであちこちにgenshiインポートを書かずにすんだ。

サンプルコードは簡単に例を示すため、きちんと分解しようとするとややこしいね。

TOP