Home > JavaScript > Javascript覚書

Javascript覚書

色々ありすぎてどの順番で手を付けたら進めるのかもわからぬ。地図がいる。
わかるのはcoffeeだけだ。

ファイル:ソースは一箇所にどかどかおいておき、
コード:内部でrequireしてガリガリ書き、
テンプレ側:gulpでファイル1個にまとめたものを読み込ませておく

とかであろうか。reactみたいなライブラリまでコンパイルしなくていいんだろうけれども。

Browserify

requireするためのもの?これつかえば外部JSを読み込んで使えるみたい?
つまりscript src=hogehoge書かないで済むよということかな。

Gulp

ビルドツールで、Node.js上にて動作する。
minifyしたり、lessのコンパイルを出来る。
え、あ、つまりcompassとかおぼえなくてもいい?

React

ビュー部分のみのツール。Fluxと組み合わせるんだよみたいなのをよく見る。

Arda

Ardaの目的はFluxの概念をベースに、画面遷移と状態とシーンをベースにしたヒストリ管理、その際のDispatcherのコンテキスト切り替えを行うことを主な目的としている。
引用元:Arda – MetaFluxなフレームワークを作った – Qiita

ぜんぜんわっっかんない。まずはReactの理解をして、Fluxさわって、そのあとでやろう。

, , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackbacks:0

Listed below are links to weblogs that reference
Javascript覚書 from くちなわのしょ::おねーさんブログ分室
TOP